2010年06月16日

菅首相が所信表明演説 財政再建へ超党派会議 年金議論 消費税上げ視野(産経新聞)

 菅直人首相は11日午後、衆院本会議で就任後初の所信表明演説を行い、財政再建のため「税制の抜本改革に着手することが不可避」として、消費税率引き上げを視野に超党派の「財政健全化検討会議」を設置するよう野党側に提案。年金制度に関し、党派を超えた国民的議論を始めるための基本原則を示した。

 首相は演説冒頭、「政治とカネ」と米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移転問題で引責辞任した鳩山由紀夫前首相の行動を「勇断」と評価。「最大の責務は挫折を乗り越え、国民の信頼を回復することだ」と訴えた。

 新内閣の課題として「戦後行政の大掃除の本格実施」、「経済・財政・社会保障の一体的立て直し」、「責任感に立脚した外交・安全保障」−の3つを柱に。「戦後行政の大掃除」では、事業仕分けによる無駄の根絶や公務員制度改革のほか、地域主権の確立など前政権の取り組みを引き継ぐ考えを表明。郵政改革法案に関しては、民主党と国民新党の連立合意に盛り込まれた「速やかな成立を期す」との文言を引用した。

 「経済・財政・社会保障の一体的立て直し」では、地球温暖化防止や社会保障などの政策課題を経済成長につなげる「第三の道」を提唱。巨額の債務残高について「財政破(は)綻(たん)に陥る恐れがある」と強い危機感をにじませた。口蹄(こうてい)疫対策に関しては、感染拡大の阻止や農家の生活支援・経営再建に万全を期すと約束した。

 このほか、首相自身の生い立ち、サラリーマンの家庭で育ったことや、市民運動への参加、厚相時代に薬害エイズ問題に取り組んだ経験などを披露し、演説の最後で、「リーダーシップを持った首相」を目指す考えを強調した。

 また、菅首相は演説で、今月23日に沖縄県糸満市で開催される「沖縄全戦没者追悼式」に参列する意向を表明した。就任後初の沖縄訪問。仲井真弘多県知事との会談を調整する方向だ。

妊婦健診、全市区町村で公費負担「望ましい」回数(医療介護CBニュース)
首相動静(6月10日)(時事通信)
2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)
最小不幸社会は弱者切り捨て=社民党首(時事通信)
ミシン30万台リコール=ハンドル折損の恐れ―ブラザー(時事通信)
posted by トモダ ノボル at 10:17| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【一筆多論】井伊重之 個別報酬開示は誰のため(産経新聞)

 菅直人内閣が発足し、景気が低迷する中で首相が打ち出した経済政策の実効性に注目が集まっている。とくに経済界では、民主党のこれまでの「反企業」姿勢がどう変わるかに期待をかけているようだ。だが、大きな政府を志向する政権だけにあまり期待はかけられない。これから本格化する「役員報酬の個別開示」の影響をみれば、企業に対する政府・与党の基本姿勢が改めて明らかになるだろう。

 政府は3月末、上場企業に対して一段の情報開示を義務付けた。とくに役員に年間1億円以上の報酬を支払う企業には、その氏名や報酬額を開示することを求めた。今年3月期決算から適用され、上場企業を中心に4500社以上が有価証券報告書に記載する仕組みだ。

 この役員とは取締役や執行役(執行役員は除外)のほか、監査役も対象となる。毎月支払われる基本報酬に加え、賞与や退職慰労金などの総額が1億円以上になれば、総額と項目ごとの金額も開示し、報酬の算定方法も明らかにする必要がある。

 これまでも役員報酬の総額は開示されてきたが、今回の改正で政府は1億円以上の個別報酬の公表を通じて株主や投資家らによる経営陣への監視を強め、コーポレートガバナンス(企業統治)の強化を促す構えだ。

 米国では大手金融機関がリスクの高い証券化商品を大量に販売していた反省を踏まえ、自己勘定取引を制限するなどの金融規制法案が検討中だ。「米金融機関の経営者は多額の報酬を得るため、問題が多い金融取引に走った」(大手銀行幹部)とも指摘されている。金融庁では、こうした経営陣の行き過ぎを報酬の観点から抑制する仕組みとしても期待しているようだ。

 確かに情報開示は重要だ。投資家が上場企業の株式を購入する場合、経営陣の報酬額もひとつの判断材料になるだろう。しかし、それでも個人の報酬額より役員全体の報酬額がきちんと示されていれば十分ではないのか。大手コンサルタント会社のプライスウォーターハウスクーパースの調査によると、報酬が年間1億円を超える人は上場企業の全取締役のわずか1・4%にすぎないという。

 欧米と日本では経営陣の報酬体系は大きく異なる。それなのに欧米と同じような監視の仕組みを導入する必要があったのかは疑問だ。金融庁に対し、経済産業省は「すべての業種を対象にした義務化には問題が多い」と申し入れていた。日本経団連などの財界も一斉に反対する姿勢を示していたが、金融庁側は一蹴(いっしゅう)するなど、その検討過程も不透明だ。

 金融庁が公表の義務化にこだわったことについて、ある財界幹部は「『高額報酬をもらう人は悪い人』という偏見があるのではないか」と指摘する。高額報酬者が興味本位で報道されると、それが妬(ねた)みを助長し、ひいては「格差社会を是正せよ」というあらぬ批判を招く恐れも否定できない。

 政府はいま、成長戦略の策定を進めている。そこでは将来の有望産業を見定め、重点投資することで日本の成長の牽引(けんいん)役になることを期待している。それは新たに稼ぐ産業を育成することでもある。将来の稼ぎ手である経済界をあたかも「敵視」するような姿勢からは、決して何も生まれない。(論説委員)

大阪府議会 維新の会が単独第1会派に(産経新聞)
裁判員裁判、強盗指示を認定=「単独犯」証言退ける―東京地裁(時事通信)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
九州北部と山口が梅雨入り 平年より7日遅く(産経新聞)
<毎日書道顕彰>三宅相舟さんら3氏に決まる(毎日新聞)
posted by トモダ ノボル at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)

 長妻昭厚生労働相は8日夜の記者会見で、参院選マニフェストで焦点となっている平成23年度以降の子ども手当満額支給(月額2万6千円)について「財政面の問題が大きく、現金での満額支給は非常に難しいと考えている」と述べた。

 民主党は先月、参院選マニフェスト論議の中で、23年度以降の子ども手当の現金での満額支給を断念し、現行の1万3000円からの上乗せ分を現金給付にするか、保育サービスなどで現物給付にするかどうかを自治体の判断に委ねる方針を固めている。

【関連記事】
240世帯分の子ども手当支給漏れ 岡山・玉野市
「新内閣は国家ビジョンを」 関西経済同友会の山中諄代表幹事
仕分け3奉行に期待感 世論調査
給付型奨学金導入の是非は 国民負担も増えて…
日本浮沈 握る菅流采配 新首相指名 消費増税が焦点
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

介護・福祉の振興事業を募集―福祉医療機構(医療介護CBニュース)
子供の視点が欠けている…政策に苦言 池本美香・日本総研主任研究員(産経新聞)
子ども手当 「上乗せ分は現物給付に」…菅副総理兼財務相(毎日新聞)
日本人ら死亡の射撃場火災、経営者らに実刑判決(読売新聞)
第94代首相に菅直人氏、参院でも指名(読売新聞)
posted by トモダ ノボル at 09:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。