2010年04月30日

[事業仕分け]国民に誤ったメッセージを与えている?(レスポンス)

仕分け人の筆頭である枝野幸男・行政刷新担当大臣は昨年の自動車アセスメント対象が19車種しかなかったことにご不満のようだ。

[関連写真]

自動車事故対策機構(NASVA)が実施している“自動車アセスメント”は「JNCAP」という名称で呼ばれることも多い。「Japan New Car Assessment Program」の頭文字を取ったもので、これの英文略称が「JNCAP」となる。

「New Car」、つまり「新型車」を対象とした試験だ。「NCAP」自体は日本だけではなく、欧米やアジアの国でも使われる一般的な言葉となっている。

日本の場合は試験の実施年度に発売された車種を対象としている。2009年度は19車種で試験を行い、その中から09年モデルのスバル『レガシィ』が最も安全なクルマに選ばれた。

だが、枝野大臣は昨年の対象が19車種しかなかったことにご不満のようだ。19車種の中から「最も安全なクルマ」を選んだことについて「一般市民に誤ったメッセージを送ることになる」と異議を唱えた。

大臣としては「現在購入可能なすべての車種から最も安全なクルマを決めるべき」であり、「単年度で優秀なクルマを決めても仕方ない」と判断したようだ。が、昨年度までのモデルの方が今年度のモデルよりも安全性で上回るということは、まずないだろう。

そうした事例が「過去にあった」と把握しての異議であれば枝野大臣の指摘には説得力があるが……。

《レスポンス 石田真一》

【関連記事】
事業仕分け:自動車アセスメントに厳しい判断
事業仕分け:自動車事故対策機構など、ネットで生中継
【JNCAP】自動車アセスメントも事業仕分け対象に
【JNCAP】NASVA金澤理事長「必要な事業と訴える」
内閣府 特別編集

<風俗営業違反>検挙件数09年9.3%減、3年連続で減少(毎日新聞)
陸山会事件 小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会(毎日新聞)
事業仕分け ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
<ハウステンボス>リニューアルオープンへ 集客増目指す(毎日新聞)
女性活用に積極的な企業6社
posted by トモダ ノボル at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。